【那覇】リーゼントの髪形で桃色のはかま姿の集団が国際通りを練り歩く。手にはまさかのごみ袋。沖縄の「荒れる」成人式のイメージを払拭(ふっしょく)させたいと石嶺中学校出身の新成人16人が10日、約1・6キロの沿道のごみを笑顔で拾った。

袋を片手に国際通りのごみを拾う石嶺中学出身の新成人ら=10日、那覇市・国際通り

 新成人らのごみ拾いに沿道からは拍手が湧き起こり、警戒に当たっている警察官に「ありがとうね」と敬礼される場面も。他校の新成人の集団が目の前で酒瓶を片手に騒ぎを起こしても16人は黙々と拾い続けた。

 呼び掛け人は県外の大学に通う下地克季さん(20)。「沖縄の成人式は恥ずかしくてダサイ」。大学の友人からの言葉にショックを受け、「何とかしてイメージを変えたい」との思いが強くなった。昨年の新成人の先輩が、はかま姿でごみを拾う様子の写真がツイッターにアップされているのを見て、「かっこいい」と絶賛した。

 この取り組みが広がることを願っているという下地さん。「ごみを拾うことで、多くの人たちからも祝福されるし、沖縄の荒れた成人式のイメージを変えられるきっかけになってほしい」と力を込めた。