今では考えられないような沖展にまつわる興味深い話が、本紙の戦後50年企画「読者がつづる半世紀」に寄せられている。 投稿したのは宮古島に住む沖展会員で、当時76歳の下地明増さん。