日本の排他的経済水域(EEZ)で台湾漁船の操業を認めた日台漁業協定(取り決め)の対象水域で、次年度の操業ルールが決まった。沖縄漁船が追いやられ、事実上、台湾漁船が自由に操業している八重山北方の三角水域では、台湾ルールの適用水域を設ける一方、日本ルールの水域も確保。