沖縄市の子どもの居場所づくりに関する業務を担う専門部署、市放課後児童支援センター「ASSC(アスク)」。ここに、市内35の学童クラブの運営支援や補助金事業に関する業務を担う専任の嘱託職員が5人配置されている。保育士2人、臨床心理士1人、会計担当2人の体制。