【南風原】町兼城の新垣フミ子さん(73)が沖縄闘牛をテーマにした小説「闘牛への道」をこのほど出版した。父を亡くし、徳之島からうるま市屋慶名の伯父の元に来た少年「強」が、1頭の子牛「クロ」との出会いで閉ざしていた心を開き、共に成長していく過程のストーリー。