【宮古島】大臣就任後、離島視察を目的に初めて宮古島市を訪れていた島尻安伊子沖縄担当相は10日、県が進める下地島空港の利活用計画について、「宮古や南西諸島全域に寄与するものと考える。県の計画をバックアップしていく」と語った。宮古空港で報道陣に答えた。

島尻安伊子沖縄担当相

 環太平洋連携協定(TPP)の大筋合意で農家から懸念の声が上がっていることについては、「地元農家のニーズに応え、不安感を払拭(ふっしょく)していく」とした。

 同市での視察を振り返った島尻氏は「宮古島の持つ可能性を感じている。国として後押しし、一体となって振興を進めていきたい」と意欲を語った。

 島尻氏は同日、来間島や一括交付金を活用して着工した「スポーツ観光交流拠点施設」の建設地などを視察し、帰任した。