9時ごろ キャンプ・シュワブの沿岸では、警戒する海上保安庁の職員が抗議船に近づいて、抗議船の船長とやりとり。「お互いけがのないようにやっていきましょう」。