県警刑事企画課は20日、県内の警察署へ送るはずの捜査関係資料を誤って那覇市内の会社事務所にファクスしたと発表した。19日午後5時50分ごろ、同課の50代の男性警察官が住所や氏名、生年月日など複数の個人情報が記載された文書計5枚を、短縮ダイヤルに登録されている同社に誤って送信。