日本には1953年、核を積んだ空母オリスカニが寄港し、海からの核持ち込みが始まったといわれる。米国は日本の陸上部分に常時配備したかったが、唯一の被爆国である日本の状況が許さなかった。