昨夏の全国高校総体に続き、全国選手権優勝メンバーに名を連ねた東福岡のDFで那覇市出身の福地聡太は優秀選手35人にも選ばれる活躍だった。家族も沖縄から駆け付け、息子の勇姿に声援を送った。

優秀選手35人に選ばれた東福岡のDF福地聡太

 母勝美さんは「5日の準々決勝以外は家族と会場で見た」という。福地は中学までヴィクサーレ沖縄FCで活躍し、本人の強い希望で県外の名門校に進学した。

 部員約280人の中からレギュラーを勝ち取り、2冠を達成した息子に「一生懸命で熱い子。強い意志で目標を達成した」と感無量の様子だった。

 守備の要として存在感を示した息子のプレーを見届けた父聡さんは「頼もしい限り。親として誇らしい」とうれしそう。「全国総体に続いて、優勝のラインダンスを見られたのは最高の思い出」と喜びに浸った。