【読谷】村沖の定置網で県内随一の漁獲量を誇る青魚・ミジュン(イワシ)をだしに使った沖縄そばが誕生した。定番のかつおぶしや豚骨と比べ、あっさりとした魚介風味が特徴。販路拡大を目指す村漁業協同組合の相談を受け、村内で居酒屋を経営する管田勝之さん(45)が2年余を掛けて完成させた。