【金武】金武町の米軍ギンバル訓練場跡地内にある地域医療施設「KIN放射線・健診クリニック」のオープニングセレモニーが11日開かれ、関係者らが開院を祝った。12日開院する。内科と眼科で始め、脳神経外科、放射線科、婦人科、泌尿器科を開設予定。

KIN放射線・健診クリニックのオープニングセレモニーでテープカットする仲間一町長(右から3人目)ら=11日、金武町金武・同クリニック

 施設は当初2014年4月に開院予定だったが、当時町が協定を結んでいた県内の医療法人の開院手続きが進まず同10月に協定を解除。町が維持管理費などを負担していたが、都内でクリニックを運営する医療法人社団菱秀会が昨年9月中旬から管理運営していた。

 セレモニーで、菱秀会の金内秀士理事長は「この素晴らしい施設での開院に感謝する。微力ながら力添えしたい」、同会と治験などで連携するアイロムグループ(東京都)の森豊隆社長は「培ったノウハウを生かし、必ず成功させたい」と述べた。仲間一町長は「約1年9カ月間、待ちに待った開業だ。近隣施設と連携して人材育成や雇用創出の場ともなり、地域活性化にも寄与する」と語った。

 同施設は、沖縄米軍基地所在市町村活性化特別事業(島田懇談会事業)を使って整備。最新の放射線治療機器などの購入費などを含めた総事業費は約30億円(国9割補助)。