沖縄県警によると、2017年に届け出を受理した県内行方不明者の総数は1052人。過去の届け出受理者を含め所在が確認できたのは957人だった。

(資料写真)パトカー

 世代別の割合で10代(282人)が最多、20代(182人)が続く。10~20代で全体の44%を占め、原因や動機は約4割が「不詳」だ。

 捜査関係者は一般論とした上で「事件事故の両面で捜査を進めても理由が判然とせず、最終的にどちらとも断定できないケースは実際にある」と明かした。