【東京】安倍晋三首相は12日午前の衆院予算員会で、米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古の新基地建設をめぐる沖縄県内での選挙結果に関して、「安全保障にかかわることなどは国全体で決めることであり、一地域の選挙で決定するものでない」と述べ、選挙結果がすべて影響するものではないとの認識を示した。

衆院予算委で答弁する安倍首相=12日午前(共同通信)

 政府は政府はこれまで、「地元の理解を得ることは当然」との考えを繰り返している。