翁長雄志知事は22日、国際自然保護連合(IUCN)で海洋保護を担当するフランソワ・シマール氏と県庁で会談し、政府が新基地建設を進めている名護市辺野古の沿岸や大浦湾の自然環境の貴重さを訴え、保護の必要性を強調した。