沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は、外国の個人観光客を中心に相談を受け付ける「多言語コンタクトセンター」について、2017年4月から18年1月の実績を22日までに発表した。言語別では、那覇−タイの直行便が昨年2月に就航したことを受けてタイ語が29倍に増えた。