沖縄県地域保健課は23日、台湾から17~19日に沖縄本島へ観光に来ていた30代男性が麻疹(ましん)(はしか)に感染していたと発表し、県民や医療機関に注意喚起を呼び掛けている。県内での患者発生は2014年1月以来、約4年ぶり。男性は現在、中部保健所管内の施設で療養中。関係保健所が男性の接触者で感染している人がいないか調査している。

 はしか患者と接触した場合、接触後7~21日間の健康観察が必要。男性の訪問先や利用した交通機関、宿泊施設などが広範囲に及ぶため、同課では24日~4月9日に発熱や発疹など症状が現れた場合、必ず医療機関に「はしかかもしれない」と連絡した上で、医療機関の指示に従って受診するよう呼び掛けている。