高齢のため3月末で退任するひめゆり平和祈念資料館(糸満市)の島袋淑子(よしこ)館長(90)が23日、沖縄タイムスの取材に応じ「沖縄戦で犠牲になった恩師や友人たちの生きた証しを伝えたい」と、凄惨(せいさん)な戦争体験を証言し続けた日々を振り返った。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。