沖縄県の長浜善巳恩納村長と宇江城安秀JA恩納支店長が14日、内閣府に島尻安伊子沖縄担当相を訪ね、村特産のアテモヤとパッションフルーツを贈り、「おいしさを全国で広めてほしい」とアピールした。「木になるアイスクリーム」として売り出し中のアテモヤを試食した島尻氏は「甘くておいしい。キャッチコピーもいい」と好印象。「大好物」というパッションフルーツにも舌鼓を打った。

島尻安伊子沖縄担当相(左から2人目)にアテモヤとパッションフルーツを贈呈する長浜善巳恩納村長(左)=14日、内閣府

 都内の大田市場やデパートなどでトップセールスを展開した長浜村長は「いい感触を得ている。観光の村恩納村のブランド化に向けて取り組んでおり、アテモヤも一緒にブランド化したい。全国でもっと知名度を上げていきたい」と話した。

 アテモヤは、バンレイシとチェリモヤを掛け合わせて開発された亜熱帯果樹。村内で約10トンの生産量があるという。