鹿児島銀行沖縄支店・事務所が法人担当2人を新たに配置し、今月から企業支援にも着手したことが14日分かった。同支店は昨年12月1日付で3人を増員。担当者2人は個人ローン部門との兼務で、本格的な企業融資には至っていないが、来月には鹿児島市内で沖縄の物流ハブを紹介する商談会の開催を計画するなどビジネス支援に乗り出している。

 昨年9月に開店した同支店は当初、数年間は住宅ローンなどの個人向け融資で足場を固めた上で、企業支援に取り組む考えだった。

 鹿児島や宮崎の取引企業から、沖縄企業を紹介されるなど企業支援の引き合いがあるため、法人担当を配置。現在は紹介のあった企業を中心に対応している。鹿児島・宮崎企業の海外展開支援や、沖縄企業とのビジネスマッチングに取り組む。

 金城明支店長は「現状の体制では個人向け融資への対応で手いっぱい。法人支援にも取り組みたいが、様子を見ながら対応していきたい」としている。(政経部・照屋剛志)