青森県の特産品販売と文化観光情報を発信する「第9回青森県フェア」(主催・青森県、共催・イオン琉球、イオンモール沖縄ライカム)が15日、県内のイオン6店舗とマックスバリュ27店舗で始まった。特産品のリンゴや米、ホタテ、野菜など約230品を販売している。18日まで。

青森県フェアへの来場を呼び掛ける三村申吾知事(中央)やイオン琉球の末吉康敏会長ら(左端)=15日、沖縄タイムス社

 イオンモール沖縄ライカム(北中城村)とイオン南風原店では、リンゴ「サンふじ」のプレゼントのほか、津軽三味線やスコップ三味線のミニライブなどもある。

 15日に沖縄タイムス社を訪れた三村申吾青森県知事は、リンゴやスコップ三味線を持参してPR。「青森のリンゴはつやと香りがある。ホタテもあぶって食べられるおいしいホタテを用意した。沖縄で広めていきたい」とフェアへの来場を呼び掛けた。