沖縄タイムス+プラス ニュース

踊って写して、魅力を体感 沖縄市にエイサー会館オープン

2018年3月26日 07:30

 エイサーの歴史や文化を発信する体験型施設「エイサー会館」が25日、沖縄市上地のコザ・ミュージックタウン内にオープンした。映像に合わせて踊りを体験できるブースや衣装を着て写真撮影ができるスポット、県内外のエイサー紹介、歴史を学べる展示コーナーなどを設置。初日から大勢の家族連れが訪れ、エイサーの魅力を堪能した。

太鼓をたたいてエイサー体験を楽しむ親子連れ=25日、沖縄市上地・エイサー会館

エイサーの衣装の展示に見入る来場者ら=25日、沖縄市上地・エイサー会館

太鼓をたたいてエイサー体験を楽しむ親子連れ=25日、沖縄市上地・エイサー会館 エイサーの衣装の展示に見入る来場者ら=25日、沖縄市上地・エイサー会館

 オープニングセレモニーでは、中の町青年会の迫力ある演舞で幕開け。桑江朝千夫沖縄市長は「歴史を学ぶだけではなく体験を通して、文化に誇りを持つことができる施設にしたい。エイサーの保存・継承、地域活性化につながることを期待する」とあいさつした。子どもたちは身体より大きな太鼓をたたいたり、衣装を着て写真を撮るなどして大はしゃぎ。2歳からエイサーを習っているという阿波根太海(たいが)君(6)=読谷村=は「太鼓をたたくのが楽しい。エイサーまつりにも出たい」と笑顔で話した。

 午前10時~午後9時(水曜日は休館)。観覧料は一般300円、小中高生100円、小学生未満は無料。問い合わせは、電話098(989)5066。

【エイサーまつり!】 輝くあなたが写っているかも!

 

 「沖縄タイムス フォトギャラリーDL」では、沖縄各地のエイサーまつりの写真がご覧いただけます。輝くあなたや家族、友人が写っているかも。がんばった証しに、仲間との思い出に、チェックしてはいかがでしょうか?

【エイサーまつり ※随時追加予定】
・第12回うるま市エイサーまつり
・第28回名護市青年エイサー祭り
・第16回うらそえ青年祭

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム