民間の空き部屋をネットで仲介する、世界最大手のウェブサイト「Airbnb(エアビーアンドビー)」が15日、利用者に人気の高い地域ランキングを発表した。日本からは沖縄が2位、京都が7位だった。1位はカリブ海に面するベリーズシティ、3位が米国ジョージア州サバンナ。

お気に入り1位の物件、街中の隠れ家ツリーハウス= ジョージア州アトランタ

お気に入り7位の物件、カリブの海賊風隠れ家= カリフォルニア州トパンガキャニオン

お気に入り1位の物件、街中の隠れ家ツリーハウス= ジョージア州アトランタ お気に入り7位の物件、カリブの海賊風隠れ家= カリフォルニア州トパンガキャニオン

 ランキングは、エアビーアンドビーのサイト内でユーザーが保存してきた「お気に入り」を分析した。

 エアビーアンドビーによると、温暖な気候の地域に人気が集まっており、休暇先を選ぶ最も重要なポイントは「太陽」にあると結論づけた。「人が日常から逃げ出したいときはビーチに向かう」とコメントしている。

 利用者が泊まってみたい人気物件の形態も発表され、1位は木の上に建つツリーハウス、2位はかまくら、3位はバン、4位は灯台、5位は洞窟だった。エアビーアンドビーは、「強いファンタジー志向が見て取れる。冒険気分が味わえる屋外のツリーハウスは、群を抜いて人気が高い」とした。 

 エアビーアンドビーは、世界中190カ国以上のアパートや民家などの空き部屋を旅行者らに貸し出すウェブサイト。2008年に米国で創業された。(沖縄タイムス+プラス編集部)