県議会予算特別委員会(当山勝利委員長)は23日、2018年度一般会計予算案を含む24議案を可決した。野党の沖縄・自民の委員らが、米ワシントン事務所や翁長雄志知事の訪米費用を削減する18年度予算修正案を提出したが、賛成少数で否決された。