沖縄島北部のやんばるは今、新緑の季節を迎えている。集落に程近い山には亜熱帯照葉樹のイタジイ(別名・スダジイ)やオキナワウラジロガシの若葉が芽吹き、春の日差しを浴びて鮮やかなグラデーションを描いている。木材供給地 やんばるの集落の多くは、川の河口部にあり、周りを山々が取り囲む。