2016年度の大学入試センター試験が16日から2日間の日程で始まり、本格的な受験シーズンが幕を開けた。県内の志願者数は、昨年より92人減の6063人。試験は午前9時半から始まり、初日の16日は、県内13会場で「地理歴史、公民」「国語」「外国語」が実施される。

大学入試センター試験に臨む受験生=16日午前、琉球大学

 西原町の琉球大の会場では、受験生を激励しようと早朝から家族や教師らが駆け付け、声を掛けたり、お菓子を手渡したりする姿が見られた。