【名護】名護市東海岸の住民で新たな漁協設立を目指す「名護市東海岸漁協設立準備委員会」の相談役顧問として、稲嶺進前名護市長が就任することが分かった。漁協設立は、沿岸部の住民が漁業者同様に自由に海産物を取れる「入会漁業の権利」を明確にするのが目的。