【沖縄】沖縄市で2015年に発覚した未徴収の下水道使用料約2千万円(6年分)の請求作業を怠り、約390万円が時効になっていた問題などで市は23日、当時の建設部長と課長、職員2人を懲戒処分したと発表した。地方公務員法に基づき、建設部長と課長は管理監督責任で戒告。職員2人は半年間の減給の処分。