県立南部医療センター・こども医療センター(佐久本薫院長)で2017年12月から今年2月にかけ、外来や入院患者らの血液検査の結果399件(364人分)で不適切な処理がされていたことが23日分かった。