新基地建設工事が進む名護市辺野古・大浦湾の生物多様性の価値を理解し、次世代に引き継ぐ方策を探る目的で、県は24日、浦添市の国立劇場おきなわで「辺野古・大浦湾シンポジウム−沖縄の財産、世界の宝を未来に−」を開いた。