「行く河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」(「方丈記」)。川の水は同じではないが、川という存在は揺るがない。