【東京】公明党の日米地位協定検討ワーキングチーム(座長・遠山清彦衆院議員)第2回会合が23日、国会内であった。元軍属によるうるま市の女性殺害事件で米側が補償金の支払いに難色を示していることに関し、外務、防衛両省の対応を聴取した。