しまくとぅばに新たな役割を持たせたい−。しまくとぅばの継承に取り組むしまくとぅば連絡協議会の池原稔会長は、自身が経営する企業で2017年夏から、名護親方の「琉球いろは歌」をテーマとした土産物の自販機を設置し、しまくとぅばの観光資源化に取り組んでいる。