「プロップマネー」と呼ばれる模造の米100ドル紙幣を使って釣り銭をだまし取ったとして、県警が米兵2人を詐欺容疑で書類送致していたことが分かった。2人で12件の事件に関与した疑い。23日の県議会米軍基地関係特別委員会で、県警の當山達也刑事部長が明らかにした。