那覇海上保安部は23日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで摘発された3等海上保安士の男性職員(23)を停職3カ月の懲戒処分にした。処分は同日付。 同保安部によると職員は2月6日午前5時ごろ、浦添市宮城で自家用車を酒気帯び運転した。