1960年代の高度経済成長で在日米軍基地周辺が都市化し、訓練しにくくなった状況を沖縄へ部隊を移転することで解決する。ニッツェ海軍長官が検討を重ねた末、国防長官に提示した沖縄移転案は、米軍が求めていたものが、自由な基地使用権だったことを改めて浮き彫りにしている。