木製の白い看板には、この町の標語が書かれていた。「昔のにぎわいのある 普天間の門前まちを 復活させましょう」。所々に入ったひびが年季を感じさせ、地元の宿願を物語る。宜野湾市長選の告示を2日後に控えた普天間社交街。金曜日の夜にもかかわらず、かつて多くの酔客が足を運んだなごりはない。