【那覇】住友財団は16日、2017年度の「文化財維持・修復事業助成」として、市の「琉球国王尚家関係資料」の保存修理事業に100万円を助成すると発表した。11年度以降、助成を毎年継続している。 資料は尚家から市に寄贈された美術工芸品85点と、琉球王国と王家に関する文書1166点。