沖縄本島地方と先島諸島は、前線の影響で雨が降っています。大東島地方は、曇っています。

午後からは大雨警報が発表され、国際通りでは傘を買い求める観光客の姿が見られました。

 17日は、前線や低気圧の影響で、沖縄地方は荒れた天気となる見込みで、雷を伴い非常に激しい雨が降る所があるでしょう。

 18日は、前線や大陸の高気圧の張り出しに伴う寒気の影響で、沖縄地方は曇りの天気で、明け方にかけて一時雨か雷雨の所がある見込みです。

 石垣島地方では17日夜のはじめ頃にかけて、土砂災害に警戒してください。沖縄本島地方と宮古島地方では、17日夜のはじめ頃にかけて、落雷や突風、土砂災害に注意してください。沖縄本島地方では17日夕方まで、低い土地の浸水や河川の増水にも注意が必要です。

 また、各地方とも、18日にかけて強風に注意が必要です。 

 沖縄地方の沿岸の海域は、波が高く、18日はしける見込みです。海上や海岸付近では高波に注意してください。(17日16時51分 沖縄気象台発表)