アウトドアで未来の日本のための人づくりに取り組む人を表彰する「ジャパンアウトドアリーダーズアワード(JORA)」運営委員会(山田俊行委員長)は26日までに、沖縄を拠点に活動する2人を含む大賞候補のファイナリスト8人を発表した。大賞は4月12日に都内で開かれる表彰式で発表される。

よみたん自然学校の小倉宏樹代表(提供)

ホールアース自然学校沖縄校がじゅまる自然学校の小林政文代表(提供)

よみたん自然学校の小倉宏樹代表(提供) ホールアース自然学校沖縄校がじゅまる自然学校の小林政文代表(提供)

 全国各地から、山や海などのアウトドアで人材育成に取り組む77人から応募があった。沖縄から選出されたのは読谷村のよみたん自然学校の小倉宏樹代表、名護市のホールアース自然学校沖縄校がじゅまる自然学校の小林政文代表。運営委によるとJORAは今回2度目で、ファイナリストに沖縄在住者が選ばれるのは初という。