プロバスケットボールTKbjリーグ西地区3位の琉球ゴールデンキングスは17日、沖縄市体育館で第28戦を行い、同地区2位の浜松・東三河フェニックスに70-67で勝利し、2位に浮上した。キングスは3連勝で通算成績は21勝7敗。

キングス-浜松 第3Q、キングスのイバン・ラベネルがゴール下に切り込む=沖縄市体育館(伊藤桃子撮影)

 21-21で迎えた第2Qはシュートが入らず、逆に浜松に3点弾を決められ、30-40とリードを許した。

 第3Q、喜多川修平と山内盛久の3点弾などで盛り返し49-53と詰め寄った。第4Qでイバン・ラベネルがインサイドで奮起し逆転。67-67に追い付かれた終盤、喜多川の3点弾で試合を決めた。

 次戦は30、31の両日、同体育館で大分・愛媛ヒートデビルズを迎え撃つ。(観客数3239人)