県が2019年2月から国営沖縄記念公園の沖縄美ら海水族館と首里城の有料区域部分を運営管理することが26日、分かった。国と県は近く、運営管理の期間などを取り決めた基本協定を締結する。県は国との協定を経て、今年6月に入館料金などを盛り込んだ条例案を県議会に提案する方針。複数の関係者が明らかにした。