沖縄美ら海水族館と首里城の運営管理の県移管について、国と県が最終調整に入った。基本協定が整えば、2019年2月からの4年間、県の両施設の運営管理が実現する。目玉施設の運営を県が担うことで、県民へのサービス拡充や沖縄観光のさらなる発展にどうつなげられるか、県の手腕が問われる。