琉球銀行(川上康頭取)は、55歳になると賃金が下がって昇格・昇給がなくなり、管理職ポストからも外れる「役職定年制」を4月1日付で廃止する。60歳の定年まで処遇を維持し、昇格・昇給のチャンスを与えることで、行員のモチベーションと生産性を高める狙いがある。