名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で18日午前、新基地建設に反対する市民約100人が座り込み、「基地建設を止めるまで頑張ろう」と抗議行動を展開した。午前7時と同9時に建設資材を積んだ車両が基地内に入る際、機動隊が市民を排除し、現場は騒然とした。合計8台の車両が基地に入った。

市民を排除し、工事車両を基地内に入れる機動隊員=18日午前9時すぎ、名護市辺野古

 市民はゲート前で座り込みを続け、車両進入を警戒している。