アサヒオリオン飲料(浦添市、川合聡社長)は新商品「沖縄バヤリース オレンジ糖類33%カット」を27日から販売した。人気商品の「沖縄バヤリースオレンジ」の糖類を33%低減し、沖縄の塩を使ってコクを出した。果汁10%で保存料・人工甘味料は不使用。

「沖縄バヤリース オレンジ糖類33%カット」をPRする川合社長(右から2人目)=26日、浦添市の同社

新商品の「沖縄バヤリース オレンジ糖類33%カット」

「沖縄バヤリース オレンジ糖類33%カット」をPRする川合社長(右から2人目)=26日、浦添市の同社 新商品の「沖縄バヤリース オレンジ糖類33%カット」

 健康意識の高まりを受け、糖類を100ミリリットル当たり7・6グラム、カロリーも34キロカロリーまで抑えた。

 県内の量販店やコンビニを中心に500ミリリットル入りペットボトル55万本(2万2千ケース)を販売する。販売価格は140円前後になる見通し。31日から試飲会を開き、新商品をPRする。

 川合社長は「信頼のある果実飲料として、いつの時代も県民に愛されるブランドであり続けるよう努力したい」とコメントした。