【宜野座】「さんしんの日」の4日、郷土芸能を楽しむ第24回かりゆし遊び(主催・同実行委員会)ががらまんホールで開かれた。 村や金武町の舞踊、民謡10団体の3歳からお年寄りまで100人以上が13演目に出演し、日頃の稽古で磨いた三線や琉球舞踊の腕前を披露した。