「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」の世界自然遺産登録に向けて、国頭、大宜味、東の3村が5月にも協議会を発足させ、遺産候補地周辺の観光客案内を規制するガイド登録・認定制度を運用することが分かった。