【石垣】サッカー日本女子代表「なでしこジャパン」の沖縄県内初となるトレーニングキャンプが18日、石垣市総合運動公園屋内練習場で始まった。

 宮間あや(岡山湯郷)や大儀見優季(フランクフルト)らリオデジャネイロ五輪アジア最終予選の候補選手24人がランニングやリフティングで汗を流した。

 フランスチームに所属する2人も後日合流し、25日までサッカーパークあかんまなどで練習する。