JAグループ沖縄は18日、那覇市壷川に新築するJA会館の起工式を建設予定地で開いた。約60人のJA役職員が参加し、工事の安全を祈願した。2018年1月の供用開始を予定している。

起工式でくわ入れする砂川博紀理事長(中央)ら関係者=18日、那覇市壷川

 地上10階建ての免震構造で、建物面積は現会館の1・6倍となる約1万1414平方メートル。那覇市楚辺の現会館は1973年の建設から43年が経過。建物の老朽化が激しく、新耐震基準を満たしていないことなどから移転を計画していた。

 JAおきなわの砂川博紀理事長は「本県JAのシンボルとなるような拠点施設にしたい」とあいさつした。